|日立梅ヶ丘病院ブログ

トップページ»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

リンゴ狩り

今年はコロナが流行しているため、屋外へレクレーションに行けません・・・
なので、E棟では9月30日(水)に病棟の食堂でリンゴ狩りをしました!

リンゴ狩りといっても本物のリンゴではありません!ΣΣ(゜μ゜;)
中にお楽しみの物が入った特製の風船リンゴです!



紅玉だけじゃなく、黄林、青りんごなど揃ったリンゴのオールスターとなりました!



好きなリンゴを選び終えたところで、いざリンゴ割りです!

大きなおしりに小さなおしり、そうでないおしりで割りましょう!
食堂内は風船のバン!バン!バン!と割れる音やら患者さんの笑い声で大騒ぎです(笑)

すると風船リンゴの中からお楽しみクジが出てきました!

なんと売店で使える、職員の顔写真の入った特製の商品券と交換できるクジだったのです!
1等は豪華1000円券で、4等の400円券まで全4種類あります!



また今回クジだけではなく、リンゴにちなんでアップルデニッシュを食べました!
多賀駅近くの「森のパン工房」さんで人気のアップルデニッシュで、
患者さんからも「美味しい!」「どこで売ってるの?!」ととても好評でした!



レクリエーションが終わってすぐに売店に行く患者さんもいて、
「ぎりぎりまで使えました!」と皆さん買い物上手でした!


E棟(療養型病棟) 作業療法士S.S

2020-10-05 14:04:00

折りたたむ

伝達講習 カンフォータブルケア院内勉強会

カンフォータブルケア技術の勉強会を開催してみて

令和2年2月に認知症病棟職員4名、北海道札幌市にある
医療法人北仁会旭山病院 認知症病棟師長南敦司氏のもと
実践研修に行ってきました。

カンフォータブルケア技術とはどのようなケアなのでしょう。
「心地よい・快刺激」+「叶える・出来る・提供する」
心地よさを叶えるためのケア技術なのです。

認知症者が心地よいと感じる刺激を提供することで、周辺症状を軽減させます。
周辺症状の原因となる不快刺激を出来る限り取り除き、
快刺激を中心とした刺激を提供することで認知症周辺症状の緩和、
鎮静化に効果があると言われています。

カンフォータブルケア技術は10項目あります
①常に笑顔で対応する
②常に敬語を使う
③相手と目線を合わせる
④相手にやさしく触れる
⑤相手をほめる
⑥こちらから謝る態度をみせる
⑦不快なことは素早く終わらせる
⑧演じる要素をもつ
⑨気持ちに余裕をもつ
⑩相手に関心を向ける 

今回の伝達講習、院内勉強会では講義の合間に演習(演劇)を取り入れました。
「相手をほめる」
「こちらから謝る態度をみせる」の2例を
好ましい対応と好ましくない対応で参加者に見てもらいました。

わかりやすかったと声をいただき、演劇を見てもらうことによって
カンフォータブルケア技術をより伝えられたのではないかと思いました。
 

旭山病院では毎朝、笑顔チェックがありました。
患者さんによく表情がわかるように笑顔の大切さを話していました。

講義の際、参加者から新型コロナウイルスの影響でマスクをすることが多く、
患者さんに笑顔を見せることが出来ないがどのようすればよいかと質問を受けました。
確かにこのご時世マスクを外すことが難しいですが、
見える目の表情や優しく患者さんに触れたり、
優しく声をかけてあげたりすることで笑顔に代えられるケアで関われたらと思います。

先日メディアでマスクの上にプリントした笑顔を張り付けて仕事をしている企業をみました。
私たちも真似て患者さんに接していく構想をねっているところです…。

アクティビティケア・身体拘束最小化への取り組みを行うと同時に
カンフォータブルケア(快刺激)を加えることによって、
患者さんが活性化し、周辺症状も早期改善されるのです。

活き活きとしたその人らしい生活を提供するために、
日常生活を活性化させるアクティビティケアの質を高め、
不快刺激を軽減させる身体拘束最小化を同時に目指していきたいです。

D棟(認知症病棟) 看護師 S.K

2020-08-25 13:50:00

折りたたむ

夏祭りを開催しました

毎年日立梅ヶ丘病院では、盆踊り大会を開催しておりましたが、
今年は新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の影響により
中止となってしまいました…。

年に一度の盆踊り大会を楽しみにしている患者さんが多く、
少しでも季節の雰囲気を味わってほしいと思い、
今年は作業療法室スタッフ一同が企画し、
7/20と7/27に小規模ながら【夏祭り】を開催いたしました!

今回は室内で輪投げや金魚すくいといったミニゲームをやってもらおうと道具の準備をし、
夏祭り用の飾りつけを患者さんに作っていただきました。

また、より夏祭りの雰囲気を味わってもらうため、作業療法室スタッフは法被(はっぴ)や浴衣を着て、
当日に臨みました!

多くの患者さんが参加し、「こんなのだったら毎日やりたいよ。」「にぎやかで楽しいわ。」等の
声をたくさん聞くことができました!
 






忙しい中、協力してくれた関係者の皆さん、ありがとうございました!

作業療法室 作業療法士R.S

2020-07-31 16:15:00

折りたたむ

節分

2月3日(月)、D棟では節分の豆まきを行いました。
鬼に扮した職員を患者さんたちが協力して、
「鬼は~外~!福は~内~!」の掛け声で豆を撒き、鬼を退治しました!
 

普段は消極的な患者さんも率先して「投げたい!」と言って参加したり、
鬼役の迫真の演技に怖がる患者さんもいたり、
また、自らも鬼の面を被ってくれる患者さんなど、様々な参加の仕方がありました。
 

全員で協力してたくさんの福を呼び込むことができたと思います。

D棟(認知症病棟)作業療法士S.N
 

2020-02-14 16:40:00

折りたたむ

初詣

1月8日(水)、E棟では東海村の村松 虚空蔵さんへ初詣に行きました。
当日はあいにくの雨模様でびしょ濡れになりながらも
しっかりとお参りをしてきました。


楽しみにしていた参道の屋台は残念ながらやっていなかったので
急遽、帰り道にあるホームセンターによってたい焼きを食べてきました。

「寒い中、患者さんたちが温かい たい焼きを食べることができて、ホッとしました」(同行スタッフ)
今後の行事はソラジローと相談しながら決めたいと思います。

E棟(開放・療養病棟) 作業療法士S.S
 

2020-01-23 14:42:00

折りたたむ

クリスマス会を開催しました

12月12日(木)
B棟では恒例行事であるクリスマス会を開催しました。
 
今年もクリスマスらしく
チキンとショートケーキで
いつもの食事に華を添えさせて頂きました。
 
ショートケーキは患者さんと一緒に手作りし、
患者さん同士和気あいあいと調理に取り組み、
美味しいケーキが出来上がりました。
 
 

 
 
お食事のあとは、ささやかではありますが、
クリスマスプレゼントを
贈らせて頂きました。
 
患者さんの笑顔をたくさん見ることができ、
少しだけでもクリスマス気分を味わって頂けたら
スタッフ一同とても嬉しく思います。
 
B棟 看護師 K.W
 

2019-12-25 11:27:00

折りたたむ

避難訓練を実施しました

令和元年12月4日(水)に避難訓練が行われました。

精神科デイケア調理室からの出火を想定し、避難誘導及び消火訓練を行いました。
今回、消火器での消火訓練を自分でも体験し、特に印象に残ったのが、
消火訓練へ参加している職員の意識の高さでした。




実際に火の付けられた対象物に向かって消火を行い、他の職員も積極的に参加するなど、
緊張感がある避難訓練ができたことは、良かったと思います。

医療福祉相談室 精神保健福祉士 T.T

2019-12-13 16:59:00

折りたたむ

野外食

お久しぶりです、C棟開放社会復帰病棟です。

昨年のクリスマス会から報告が抜けている間に、
3月 年度末大ビンゴ大会
4月 お花見in静峰
と行っていました。

さて今回は、9月18日にかみすわ山荘で野外食レクを開催致しました。


メニューは、参加者より今回も「肉・にく・ニク、牛肉??」との声により 
☆特製牛丼
☆豚汁
☆ごちそうサラダ(アボカド・サーモン・チーズ・水菜etc)と、
ダッチオーブンで作った
☆ベイクドチーズケーキです。
あっ、ご飯は釜炊き。
 


参加者全員で食材の搬入と、食器や鍋を始めとした調理用具の準備・調理・後片付けetcと、
協力一致団結して行えました。
美味しく頂き、お腹も大満足でした。


余力の残っていた数名は諏訪ダムへとウォーキング、
いつものお決まりですね。

普段の入院生活とは異なった一面を沢山知ることが出来ました。
退院後の生活に活かせたら良いな!と、おもいました。
空模様はちょっと怪しく、ギリギリセーフだったのは日頃の行いでしょうかね。

ご協力頂きました皆々様、ありがとうございました。

C棟  看護師   N W
 

2019-11-06 14:34:00

折りたたむ

第46回梅ヶ丘祭開催を開催しました

10月24日木曜日に、当院の恒例行事である梅ヶ丘祭を開催しました!




今年も大久保幼稚園、きたむこう保育園の子ども達が来てくれて、
それぞれ一丸となってかわいらしいダンスや組体操を発表してくれました。


また、打楽器ボランティアの加藤チャボさんは、参加者を募って即席セッションをして、
会場全体が笑顔でリズムをとって大いに盛り上がりました。


患者さんや利用者さん達は、皆で合唱や手話を披露してくれました。
観客の方々も発表に見入っていたり、曲に合わせて手拍子をしたり、
観客席から「いいぞー!」「がんばれー!」等の声援を送る人もいました。

ちなみにですが、作業療法室のスタッフもキュートな音楽に合わせてダンスを披露しました。


梅ヶ丘祭が終わって皆が帰る途中、笑顔で「楽しかった」との声をたくさん頂けました!
関係者の皆さん、本当にありがとうございました!

作業療法室 作業療法士R.S
 

2019-11-05 17:10:00

折りたたむ

日立市立多賀中学校 吹奏楽部 演奏会

今年は10月19日(土)に、日立市立多賀中学校の吹奏楽部をお招きし、当院の体育館にて演奏会を開催しました。

作業療法の時間には、患者さんとスタッフで中学生達にプレゼントするメッセージカードを作成し、
中学生が来るのを楽しみに待っていました。

 

そして当日、30人以上の学生さんが来て、7曲ほど披露してくださいました。

中学生一人が演奏に合わせて「川の流れのように」等を歌ったり、
リズムに合わせて全員が踊りながら演奏をしたりと、見どころが満載でした!





患者さんは皆が笑顔で演奏を聴いており、中には感動して涙ぐむ人も見られました。

身の震えるような迫力満点の演奏に、その場にいた全員が惜しみない拍手を送っていました。
多賀中吹奏楽部の皆さん、素晴らしい演奏をありがとうございました!

作業療法室 作業療法士 R.S
 

2019-10-24 11:29:00

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5