|日立梅ヶ丘病院ブログ

トップページ»  ブログ記事一覧»  研修会»  伝達講習 カンフォータブルケア院内勉強会

伝達講習 カンフォータブルケア院内勉強会

伝達講習 カンフォータブルケア院内勉強会

カンフォータブルケア技術の勉強会を開催してみて

令和2年2月に認知症病棟職員4名、北海道札幌市にある
医療法人北仁会旭山病院 認知症病棟師長南敦司氏のもと
実践研修に行ってきました。

カンフォータブルケア技術とはどのようなケアなのでしょう。
「心地よい・快刺激」+「叶える・出来る・提供する」
心地よさを叶えるためのケア技術なのです。

認知症者が心地よいと感じる刺激を提供することで、周辺症状を軽減させます。
周辺症状の原因となる不快刺激を出来る限り取り除き、
快刺激を中心とした刺激を提供することで認知症周辺症状の緩和、
鎮静化に効果があると言われています。

カンフォータブルケア技術は10項目あります
①常に笑顔で対応する
②常に敬語を使う
③相手と目線を合わせる
④相手にやさしく触れる
⑤相手をほめる
⑥こちらから謝る態度をみせる
⑦不快なことは素早く終わらせる
⑧演じる要素をもつ
⑨気持ちに余裕をもつ
⑩相手に関心を向ける 

今回の伝達講習、院内勉強会では講義の合間に演習(演劇)を取り入れました。
「相手をほめる」
「こちらから謝る態度をみせる」の2例を
好ましい対応と好ましくない対応で参加者に見てもらいました。

わかりやすかったと声をいただき、演劇を見てもらうことによって
カンフォータブルケア技術をより伝えられたのではないかと思いました。
 

旭山病院では毎朝、笑顔チェックがありました。
患者さんによく表情がわかるように笑顔の大切さを話していました。

講義の際、参加者から新型コロナウイルスの影響でマスクをすることが多く、
患者さんに笑顔を見せることが出来ないがどのようすればよいかと質問を受けました。
確かにこのご時世マスクを外すことが難しいですが、
見える目の表情や優しく患者さんに触れたり、
優しく声をかけてあげたりすることで笑顔に代えられるケアで関われたらと思います。

先日メディアでマスクの上にプリントした笑顔を張り付けて仕事をしている企業をみました。
私たちも真似て患者さんに接していく構想をねっているところです…。

アクティビティケア・身体拘束最小化への取り組みを行うと同時に
カンフォータブルケア(快刺激)を加えることによって、
患者さんが活性化し、周辺症状も早期改善されるのです。

活き活きとしたその人らしい生活を提供するために、
日常生活を活性化させるアクティビティケアの質を高め、
不快刺激を軽減させる身体拘束最小化を同時に目指していきたいです。

D棟(認知症病棟) 看護師 S.K

2020-08-25 13:50:00

研修会